白と黒を付ける?

人間はこの世に存在する全ての物事を合理化しようとする生き物です。

白か黒、0か100、是か非か、など、全ての物事を納得ができるように認識できないと満足できないのです。

もちろん、犯罪における情状酌量や、人間関係における情け、などの事柄に対して中途半端な状態を作り上げることもあります。しかし、そういった中途半端な物事に関しても、きちんといた制度をもうけ、基準を作りあげ、合理化します。


何事においても合理化を目指そうとする人間という種族ですが、スピリチュアルの世界において、全ての事柄が合理化されていると言えるでしょうか。そして、合理化されていない事柄を理解しようとしない人類は、スピリチュアルを理解できるようになるのでしょうか。

本日は、人間の合理化とスピリチュアルの世界を比較して解説・紹介していこうと思います。

・合理化を通じてスピリチュアリティを理解すると


 もし、人類が合理化を通じて自分たちに理解できるように言葉や数字でスピリチュアリティを理解したとしても、それ自体は虚構であり、実際の世界とは異なる認識になります。スピリチュアリティの理解の本質は魂の成長をによって、新たな知覚を獲得し、その知覚を通じてスピリチュアルな世界を体験することにあるからです。

 観測できる事柄だけに焦点を当て、それを解析して合理化を続けたとしても、新たな知覚を持たない限りはスピリチュアリティの一側面を観察して、人間の概念や言葉で整理しただけに過ぎず、実際には何の意味もない活動になります。

・なぜ人類は合理化を好むのか


 人類は、物質次元(この世界・宇宙)に存在する他の種族に比べて生まれ持つ知覚が少ないため、あらゆる事柄を合理化しようとします。また、知覚の不足によってそれを補うためにテクノロジーを進歩させ、その知覚に偽装した技術を開発しようと無意識に行動します。

 例えば、他の種族にテレパシー能力を持つ生命体がいたとします。彼らにとってSNSアプリは不要です。なぜなら、彼らはいつでも自分たちの友達とコミュニケーションをとり、言葉だけでなく感情さえも共有できるからです。対して、人類はテレパシー能力を持つ生命体はほんの一握りであり、本来持つべきで合ったテレパシー能力の不足を補うために、インターネットやコンピュータ、携帯電話を開発してきました。

 もちろん、知覚を補うために合理という手段を用いることは、人類が生きていく上で重要な役割を果たしています。しかし、スピリチュアリティを理解しようとする際に、不足している知覚のみで理解しようとし、無意識のうちにそれを合理化したとしても全く意味を成さない答えのみ得られるのです。

・スピリチュアリティの理解のために


 人類が新たな知覚を獲得(思い出すという表現も適切)するためにするべきことは瞑想です。瞑想以外なにもする必要はありません。また、瞑想すらも理解しやすいように合理化されています。書籍や動画などで瞑想を紹介しているものがたくさんあり、本来体系化されるべきでない瞑想をカテゴリーに分けられてしまっているのが現状です。

 瞑想には人間のその時のタイミングや状況に応じて最適なものがあります。それを見極めて瞑想に没頭していくことが重要です。

合理化が最優先の人類の世界では、合理化において説明できないスピリチュアリティの活動や提唱を行うことは時に危険な目に遭うことがあります。人類がより進歩し、新たな知覚を獲得できる日が早く実現することを願っています。

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。


Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

21回の閲覧