Lapis Lazuli の地震予知

本日の記事と次回の記事では筆者がAmebaブログ(https://ameblo.jp/lapis-lazuli-z)で活動している地震予知についてこれまでの流れや予知方法などを紹介・解説させていただきます。

・前提


 前提として、筆者は地震予知情報を自分の近くに常にいる存在から受け取っています。目に見えない存在ですが、存在していることを確かに感じられる存在です。筆者はそれを守護霊と呼んでいます。

・最初の地震予知情報


 筆者が地震予知の活動を始めたのは約10年ほど前になります。東日本大震災が発生してから、余震で大きな地震が起こるたびに、発生の数日前に体感を得られることに気がつきました。そして体感が起こるたびにメモをして統計を取り、地震予知ができることに気がつきました。

・その後


 学生生活を送りながら地震予知活動を行ってきました。複数の震度5以上の地震を的中してきましたが、地震予知の精度にばらつきがあり、試行錯誤を繰り返す日々でした。なぜなら、体感を確実に受け取っているにもかかわらず、地震が発生しなかったり、大幅に発生が遅れたりと問題が一つだけじゃなかったからです。

 的中精度の向上のため、量子力学の本を読んだり、守護霊に質問をしたり、ブログに地震予知記事を投稿する形式を変更したりと様々なことを行ってきましたが震度5以上の自身の的中率は約60%と伸び悩んできました。

・バタフライエフェクト


 ある時、ふと気付きました。私の地震予知が詳細すぎるのではないだろうか、と頭に思い浮かんだのです。複数の地震予知を掲載している方の記事を読んでみると、震度や発生地点、時期、マグニチュードなどを詳細に記載している方はほとんどおらず、また文言も曖昧なものでした。もちろん、彼らの地震予知を軽蔑しているわけではありません。人それぞれ方法があります。しかし、私はどうせ記事に載せて発表するならばできる限り詳細に地震予知情報を載せたいと考えていました。

 ただし、この不安は正解だったのかもしれません。バタフライエフェクトという用語があります。これは、過去にタイムスリップしたと仮定して、過去で起こしたほんの小さな事象の影響が少しずつ大きくなっていき、現代において、過去にタイムスリップする前と全く異なる世界が出来上がってしまう という現象の用語です。

 本来ならば、地震が発生することも、発生内容などを詳細に知ることもない世界にいるとします。私のブログ記事を通じて数百人〜数千人がその情報を知ったとしたら、その情報を知らなかった世界とは異なる行動をとることになるでしょう。この影響が波及していき、地震が発生する時間にたどり着いた時には、本来の世界とはまた異なった世界が実現している可能性があるのです。

 地震を地震予知内容通りに発生させるためには、地震予知自体を発表しないことが最善です。しかし、それでは全く意味がありません。そのため現在、バタフライエフェクトを考慮して、変化する地震予知を追いかける形で適宜、予知の変化を発表しております。

 筆者は今後とも詳細な地震予知を発表して的確に安全喚起を行えるように努力してまいります。

次回の記事では、筆者がどのように地震予知を行っているのかを紹介・解説させていただきます。

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。

Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

 

0回の閲覧