守護霊様 - ご先祖様

最終更新: 2019年9月15日

・守護霊体の種類


 以前の記事『守護霊体と守護神体』で紹介した通り、守護霊体は二種類に分類されます。

 一つは、魂の成長を経て守護霊体次元に到達した守護霊体、もう一つは物質次元の生命体(人類など)が亡くなった後、所謂[ご先祖様]として子孫や近縁の者を守護する守護霊体です。

 今回の記事では、ご先祖様としての守護霊体についてご紹介いたします。


・ご先祖様としての守護霊体になる流れ


 物質次元の生命体(以下:人)は亡くなると、死後約40日〜50日ほどの間、霊体として物質次元からほんの少しずれた世界に留まります。この世界での行動は、その人によって異なり、自身の魂の成長のために何かをする人も居れば、物質次元に残る自身にとって大切な人のために何かをする人もいます。彼らがその世界に留まる期間を終えたのち、彼らは転生の過程に入り、次なる生命体へと転生していきます。


・時空を超える


 前章の内容だと、死後約50日をすぎると守護霊として活動する時間が極端に少ないと感じます。彼らが長期間守護霊体として活動をするために必要なことは、時空を超えられる能力です。

 しかし、彼ら自身は時空を超える力は有しません。彼らがご先祖様として子孫や近縁の存在、大切な人たちを守護するためには、彼らの生前に守護してくれていた守護霊や守護神の助けが必要なのです。

 守護霊体や守護神体は、時空を移動する力を有し、ご先祖様が活動をするために必要な時空まで彼らを導きます。


・ご先祖様の必要性


 守護霊体や守護神体の存在が既にあるのにも関わらず、ご先祖様が自ら守護をすることには理由があります。

 まず、守護霊体や守護神体は、物質次元の生命体から次元において遠く離れすぎているため、物質次元の生命体の概念(言語や思考回路など)を正確に理解することができません。言語・思考回路をより正確に理解して適切な守護を行うために、ご先祖様が必要となります。

 また、ご先祖様自身が物質次元から少し離れた次元に存在することから、守護霊体や守護神体よりも簡単に物質次元に鑑賞することができることも理由の一つです。所謂、ポジティブな霊的現象はご先祖様によって引き起こされていることが多いのです。


〜以下 Lapis Lazuli Spiritual Healing の広告となります〜


 死後の不思議な世界を描いた小説を現在公開中です。当ブログを読んでもっと死後の世界のことを知りたいと思った方はぜひ、一人の少年と少女が生み出す世界をお楽しみください。


〜あらすじ〜

幼い頃の交通事故で寝たきりになってしまった少年エルフ。ある日気がつくと彼は立って歩いていた。

状況を理解できずに混乱するエルフの前に優しい表情をした一人の女性が現れた。

その女性ソフィーとは。彼女がエルフに会わせたい人物とは。エルフの試練とは。

現実世界には存在しない美しい世界で繰り広げられる物語をお楽しみください。

https://www.spirit-lapis-lazuli.com/elf


Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。

 

37回の閲覧