幻想 - マイナスエネルギー

以前、人間は合理化を好む種族だという記事を紹介させていただきました。(以前の記事:白と黒を付ける?参照)

本日は、人間の合理化によって生じる悪影響の例を紹介・解説させていただきます。

・悪霊、お化け:マイナスエネルギー


 夏の風物詩の中や神話、物語には怖い話や幽霊の話が多く存在します。タクシーを題材にしたもの、自殺者がいた一室を題材にしたものなど様々な『怪談』が存在しますが、実際のマイナスエネルギー(悪霊)はそれらの怪談通りの行動をするのでしょうか。

・合理化の末に生み出されたもの


 マイナスエネルギー関連の物語には、合理化の末に導き出されたものが多くあります。本来は目という感覚器官では捉えることのできないマイナスエネルギーを目で捉えたと仮定して記述されているものが怪談や怖い話です。多くは真っ白な顔をした人間であったり、白目のない人間であったり、はたまた怪物であったり、妖怪であったりと多種多様な怖い話が作り出されていますが、それらは総じて恐ろしい格好をしており、恐怖を掻き立てるものとなっています。

 本来のマイナスエネルギーは周波数を持った一つの事象に過ぎません。今の物理学では観察も解明もすることはできませんが、将来、量子力学のような、現在の物理を修正することのできる理論が確立されることができれば、解明はできなくとも、観察をすることができるようになります。

 本来、一般的な現代の人間が持つ感覚器官よりも多く優れた感覚器官を持っていた一部のマイナスエネルギーを観察できる人たちが、一般的な人間に説明するために合理化し、簡単んい理解できるように伝えたことが原因だと思われます。

 実際に筆者が感じているマイナスエネルギーは怪談に存在するようなものとは似ても似つかず、人間に及ぼされる悪影響は怪談に存在するようなものに一部類似しているものがあるものの、やはり全体から見ると大きく異なっているということを感じます。

・筆者個人的な問題


 筆者はホームページ内のサービスでマイナスエネルギー・ヒーリングといういわゆる悪霊を浄化するサービスを提供していますが、まれにお申込者様の中には上記のような合理化され、誤解された認識を世界の真実かつ常識のように考えておられる方が一部存在しています。合理化の説明や、実際のマイナスエネルギーの様子などを説明しても全く理解してもらえず、最終的にはお申込者様の認識を元に説明をすることがほとんどです。

 『マイナスエネルギーは、エネルギー体であって、物体ではありません。しかし物質次元に影響を与えることがあり、あなたに触れることがあります。』多くの人の頭の中では、合理化された知識によってこの文章を理解することを阻害されることもあると思います。合理化とは生きていく上で重要で有益なことですが、間違いも多く含んでいるということを理解しなくてはなりません。

 また、科学とは『人間が謎と決めつけたものを観察している』と解釈することもできます。人間が『謎』と決めつけない限り、それは謎ではなく、人間の意識の中に存在すらしません。この世界には人間が『謎』と決めつけていない事象はまだ数多くあります。合理化を少し見直してみれば、新しい世界が見えてくるかもしれません。

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。

Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

14回の閲覧