瞑想 - 中級編

・中級編の瞑想


 本日の記事は(瞑想 - 基本編)と(瞑想 - 準中級編)の続編です。基本編、準中級編の両方の記事に記載されている内容をある程度習得してから中級編の瞑想を始めてください。

・自然との一体化


 本日紹介させていただく瞑想は自然とのより深い融合を求めるものです。ここでいう自然とは、植物や大気などの物質的な自然だけではなく、プラーナやエネルギーなど物質次元次元そのものとの一体化を深めるためのものです。

 この瞑想はアカシックレコードの読み取りにとても重要なものです。基本編と準中級編の瞑想を習得した方は、本日の中級編の瞑想にトライしてみてください。

・中級瞑想


 まず、あなたが最もリラックスできる姿勢で瞑想の準備をしてください。ベッドで仰向けになっても、椅子の上であぐらをかいても構いません。あなたが長時間リラックスできる体勢になってください。この瞑想は自己催眠に近い形であなたをエネルギーだけの状態に持っていきます。そのため、苦痛を感じない姿勢が最も重要となります。

 目を瞑ってください。

 現在のあなたを主観的に意識してください。(この際、主観的に意識することが重要です。)

 10年前のあなたを主観的に意識してください。これを20歳に遡るまで続けてください。

 最終学歴の生活(大学、高校、中学などあなたが最後に卒業した学校での生活)を主観的に意識してください。

 その後、あなたが0歳になるまで1年ずつ主観的に遡ってください。この際、記憶通りに意識する必要はなく、あなたが何歳であるかという意識が重要です。

 0歳まで遡ったら、母親の子宮の中にいる時を主観的に意識してください。この際、母の声や体外の声をイメージするのも有効です。

 子宮の中では、あなたは6段階に分けて過去に遡っていきます。生まれる直前、生まれる2ヶ月前、生まれる4ヶ月前、生まれる5ヶ月前、生まれる8ヶ月前、受精した瞬間の6段階に分けて主観的に意識してください。もちろん、この際の記憶を思い出す必要はありません。何ヶ月前かという意識が重要です。

 子宮での意識が終わると、あなたはこの世界の空間に漂います。あなたの故郷を主観的に漂っているイメージをしてください。あなたは自分の意思で動くことはできません。風の流れによって空間を漂い続けるだけです。

 

 空間を漂い始めたら、瞑想終了までずっとその意識を続けてください。以上が本日紹介させていただく中級瞑想です。

・ポイント


 この瞑想は最初はとても難しく感じます。時間を遡っている間に邪念が入ったり、邪魔が入ったりと簡単に最後の段階までたどり着けないと思います。根気強く時間をかけてこの瞑想を習得してください。この瞑想は少しずつ習得していくとある段階で、時間を遡る必要がなくなり、すぐに空間を漂えるようになります。空間を漂いあなたは風の一部であり、エネルギーの一部であり、空気の一部です。どんなにあり得ないイメージが見えたとしても、邪念によるものでない限り、あなたが観続けないといけないイメージです。

・まとめ


 実践的な瞑想の紹介は現在のところ、中級編の紹介で終了となります。

〜以下 Lapis Lazuli Spiritual Healing の広告となります〜

Lapis Lazuli 認定講座

Lapis Lazuli スピリチュアル認定講座では、瞑想の習得をメインに様々な知識や技術のレクチャーを行っております。

瞑想に興味がある方は是非、お申し込みください。

Lapis Lazuli 認定講座 - https://www.spirit-lapis-lazuli.com/lapis-lazuli

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。


Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。

https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

 

 

24回の閲覧