夢の啓示③

・夢の啓示①、②の続き


 本日の記事は夢の啓示①夢の啓示②の続きとなります。本日は、夢と過去世浄化(以前の記事:過去世浄化 - 過去世ブロックと浄化 参照)の関係について解説させていただきます。

 ここ2週間で過去世浄化関連の効果によってお悩みになっていた方からのご相談が相次ぎましたので、読者の皆様にも情報を共有できればと思い記事にさせていただきました。

・過去世浄化の悪影響


 過去世浄化時に起こる影響は主に、倦怠感、頭痛、免疫低下、精神的不安、嘔吐などです。過去世浄化中は精神エネルギーに大きな負担がかかるため、身体的エネルギーとのバランスが崩れてしまいます。その結果、身体的・精神的に不安定な状態に陥り様々な悪影響が現れます。また、過去世浄化中は精神が不安定になるため、マイナスエネルギーの憑依が極端に多くなります。

・過去世浄化が夢に与える影響


 過去世ブロックの浄化が始まる(過去世浄化の状態)が始まると、身体だけでなく精神にも影響を与え始めます。これは単に精神に影響を与えるわけではなく、過去世で発生した強い負の感情の塊(ブロック)が魂に刻み込まれたトラウマ的な記憶を癒す際に起こる副作用と考えてください。

 過去世浄化による精神的な影響は夢にも現れます。就寝中は物質次元から少し離れた世界に意識がいるため、魂の癒しによって起こされる副作用に強く影響されやすくなります。そのため、今まで訪れたことない場所で、今まで会ったこともない人に強姦されたり、虐殺されたりと大きなストレスを感じる夢を見ることがあります。これは、実際に前世で経験し、魂に刻み込まれたトラウマが癒される際に、その状況のビデオが再生されているような状況です。

 それほど強くない過去世浄化の際はこのように実際にそのシーンを経験するような夢を見ることはありませんが、心地よくない夢を見たり、寝付きが悪くなったり、夜中に何度も起きてしまうことが多くなります。

 また、過去世浄化中はマイナスエネルギーに憑依・影響されやすくなるため、その影響で悪夢を見やすくなったり、マイナスエネルギーに直接悪夢を見させられてしまったりします。

・過去世浄化中の悪夢は悪いことではない


 様々な悪影響がある過去世浄化ですが、過去世浄化で悪夢を見ることは悪いことではありません。過去世ブロックが発生してしまうこと自体はとても悲しいことで悪いことと言えますが、それを癒し、浄化する過去世浄化自体は魂の成長をはじめとし、様々なことにとってとても大切なことです。

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。


Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing