次なる人類① - パラダイムシフト

・パラダイムシフト


 本日の記事は少しパラダイムシフト(以前の記事:パラダイムシフト - 来たるべき人類の大発展 参照)に関連する内容です。こちらの記事をまだご覧になっていない方は、先にご閲覧いただくことをお勧めいたします。

・魂における段階


 筆者は魂の段階を以下のように分類しています。


/物質次元(肉体次元) - 全19段階

/エーテル体次元 - 全13段階

/アストラル体次元 - 全8段階

/メンタル体次元 - 全5段階

/コーザル体次元 - 全3段階

/守護霊体次元 - 全9段階

/守護神体次元 - 不明


 次元の名前は、それぞれ大きく周波数が変化する段階で区切っており、かつ、各次元ごとにも変革期ごとで段階を分けています。

 現在この世界の人類は、物質次元の第6段階に存在しており、近い将来に享受するパラダイムシフトにより第7段階へと移行します。

・第7段階の人類


 第7段階のレベルに達した人類と、この世界の人類の違いは、目立つものから目立たないものまで多く存在します。この章では、数ある違いの中から、特に皆様の興味を引くであろうものを紹介・解説させていただきます。


 /コミュニケーション手段

 第6世代の我々のコミュニケーション手段は、様々なツールを用いても結局は言語を用います。音声、文字、モールス信号、手話などどのような方法を用いても、言葉や文字、信号をまず開発する必要があり、受話者はそれを学習し習得する必要があります。


 一方、第7世代の人類は、潜在的能力を用いるか、科学技術を発達させてそのようなツールを用いるかはさておき、言語という概念を捨て去り、思考を共有する術を身に付けます。そのため、言語開発、言語開発を必要とせず、思考においても言語の枠組みを超えることができます。テレパシーを用いてコミュニケーションを取れることはもちろん有益なことですが、言語を用いずに思考を行えるということは更に有益なことです。なぜならば、現代の人類は言葉を用いて論理的な思考を組み立てていきます。しかし、言葉を用いない思考をする場合(言葉で説明しようとしている時点で愚かなことですが)、思考能力は更に解放され、文明の発展が更に加速することでしょう。

明日の記事では、第7段階に到達した人類がどのように、また、どこで栄るのかを解説いたします。

・パラダイムシフトに関連する記事


パラダイムシフト - 来るべき人類の大発展

宇宙人 - アストラルアザーズ

パラダイムシフトのその後 - 人類が生まれ変わる場所

パラダイムシフト - ヘルパーの役割

宗教離れと進化 - パラダイムシフトに向けた準備

スピリチュアルな能力の衰退と人間性の成長


Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。

Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing