世界は5分前に創られた?

 皆様は、バートランド・ラッセルという方によって提唱された、世界五分前仮説というものをご存知でしょうか。


世界が五分前にそっくりそのままの形で、すべての非実在の過去を住民が「覚えていた」状態で突然出現した、という仮説に論理的不可能性はまったくない。異なる時間に生じた出来事間には、いかなる論理的必然的な結びつきもない。それゆえ、いま起こりつつあることや未来に起こるであろうことが、世界は五分前に始まったという仮説を反駁することはまったくできない。したがって、過去の知識と呼ばれている出来事は過去とは論理的に独立である。そうした知識は、たとえ過去が存在しなかったとしても、理論的にはいまこうであるのと同じであるような現在の内容へと完全に分析可能なのである— 

ラッセル "The Analysis of Mind" (1971) pp-159-160: 竹尾 『心の分析』 (1993)

 この理論は簡単に、『世界が5分前に全ての生命体に記憶を与えて創造されたと唱えたとしても、それに異議を唱えることは難しい(もしくは不可能である)。』と主張するものです。

 この理論を初めて目にする方は、馬鹿馬鹿しいと思うかもしれません。とても現実的な考えではないからです。では、彼の理論に少し触れながら時間というものをもう少し深く考えてみましょう。

 本日の記事では、『今』に焦点を当てて紹介・解説をしていこうと思います。

 ラッセル氏の理論とは別に、現在というものに焦点を当てて、この世界を考えたとき、全ての人の人生は、その人々の瞬間の選択によって決定されます。このことについては、以前の記事『時間①,②(ページ最下部参照)』においても説明しております。

 また、その人個人が選択した未来のように見えること全てが、この世界の全ての物、生命体、事象の総意であることも述べておかなければなりません。人類だけでなく、この宇宙に存在する生命体、宇宙外に存在する生命体、物、事象は全てアカシックレコード(全宇宙の記憶媒体)にしたがって行動、発生しています。

 上記でも触れている『時間①,②(ページ最下部参照)』でも紹介している通り、この世界は生命体の瞬間の選択によって構成されているようで、生まれる前から全てが決定されています。これを電車のレールのように表現することが、人類の脳での理解が最も簡単なように見えますが、実際は瞬間の選択を繰り返す必要があるため、瞬間的に新しい座標が古い座標の上に現れ、点が古い座標から新しい座標へと瞬間的に移動し、その際に、選択によってランダムに点が動くと考えるのが最適でしょう。

 つまり、時間とは、一本で動く物ではなく、座標の上を総意の選択によって変化していく物であるため、世界が五分前にできたかどうかという理論すら、理論でなくなってしまいます。

 座標間を動く時間を全て線で結び、積み重なった座標を横から見た際に直線もしくは曲線になっているように見えるでしょう。これが人類が持つ時間に対する錯覚です。この錯覚のせいで人類は自身の行動に制限を設けているのです。時間というものを積み重なった座標を真横から観察したものではなく、新しい白紙の自由な座標を自身の瞬間の選択によって決定できるものであると心の底から理解できた時、人類はさらに高度な生命体に進化し、スピリチュアリティを理解し、新しく豊かな生活を送れるようになるでしょう。

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。

Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

0回の閲覧