top of page

恋愛に囚われた人間 - 真の幸せの追求

更新日:2023年6月23日


恋愛の幸せと辛さ


 恋愛は人間の生活に幸せと苦難の両面をもたらします。心が通じ合い、感情が分かち合われ、愛が深まることで人々は喜びや幸せを感じます。特別な誰かと未来を描き、一緒に歩んでいくことは間違いなく幸せな経験です。しかし、失恋や特定の人との交際が難しいという現実に直面した際には、恋愛の苦しみも深く感じます。そして、恋愛が実現したとしても、その幸せが永続する保証はありません。



幻想から現実へ




 恋愛に問題を抱える人々の中には、幻想を現実と勘違いしてしまう傾向があります。多くの人々が恋愛を追い求める中で、真の恋愛の本質を見失うことがあります。特に、恋愛の真髄は「特定の相手に対する独占的な愛情」と「お互いの人生を良い方向に進めるための共有体験」にあります。それにもかかわらず、一部の人々はそのどちらかが破綻した状況でも、相手への依存から恋愛を終わらせることができません。彼らは文字通り恋愛に囚われ、自分自身を見失い、作り出した相手のイメージや幻想を追い求めます。その結果、自分の歩んできた道を振り返った時、戻る道が何処かさえ分からない状況に陥ってしまいます。このような状況では、幻想から現実への移行に恐怖を感じ、進むべき道が見えない状況でも、幻想を追い求める以外の選択肢を失ってしまいます。その状況では、既に幸せな未来を築くのは不可能であることを理解していても、それでも本人はそれを無視して進むしかないと感じてしまいます。


 無理な状況からでもお互いが愛情を分かち合う状況に至るのは、ドラマの世界だけの話です。現実はもっと具体的で、厳しい状況から恋愛に発展させるには、適切なタイミングと最適な行動を繰り返し、一歩ずつ現実を受け入れていくしかありません。その最適な行動を見つけるために占い師が存在します。しかし、恋愛に囚われた人々は焦りや急ぎから占い師の助言を信じられなくなることもあります。


 例えば、占い師が1年後に結ばれると鑑定した結果を、「遅すぎる」と感じて無視し、他の複数の占い師に無料鑑定を依頼し、結局どの占い師を信じるべきか分からなくなることもあります。また、「1ヶ月後に結ばれる」といった自分に都合の良い鑑定結果を出してくれた占い師だけを信じることもあります。そういった人々にとって、占い師という存在は都合の良い鑑定結果を出してくれる人を探すための手段に過ぎず、鑑定という行為は意味をなさなくなってしまいます。



真実を伝える占い師の役割


 占い師は、恋愛に囚われた人々の未来について真実を見抜き、彼らを捉えた状況から助け出す能力を持っています。しかし、未来が幸せに向かうことが難しい場合でも、一部の占い師は顧客を欺き、偽の希望を提供し、利益を追求します。本来の占い師の役割は、嘘偽りなく真実を伝えることです。その結果として多くの顧客を失うこともありますが、それは嘘をつかずに真実を伝え、顧客が新たな人生のステップを踏み出す助けとなるためです。

 私は真実を伝える占い師として、恋愛に囚われた人々に対して真実を伝え、彼らが新たな一歩を踏み出す助けとなりたいと考えています。恋愛は素晴らしいものであり、幸せや喜びをもたらします。しかしそれは自己を見失わず、相手を尊重し、互いに成長する関係でなければなりません。恋愛に囚われず、真の幸せを見つけるために、自己を見つめ直し、新たな道を開く必要があります。

閲覧数:162回0件のコメント

関連記事

すべて表示

תגובות


bottom of page