日本の守護(神社の守り)2

日本は古来より神社により護られてきました。

現在でも神社による日本の守護力はかなりのものです。

本日は、神社による日本国の守りについてのスピリチュアル的な紹介・解説の続きとなります。

*このブログ記事は政治的な意見をするものではなく、あくまで神社の役割をスピリチュアル的に解説するものです。

・神社の守護の物質への影響


 昨日の記事で神社の守護は一部の日本を壊滅に追いやる可能性のある物質に直接的に影響が可能だと紹介いたしました。本日は例とともに、どのような物質に影響を与えるのかを紹介しようと思います。


 /例1:地震

 日本を壊滅させるほどの地震を避ける力があります。非常に大きな壊滅的な地震が日本を襲いそうになった際に、それらを分散させるために中規模の地震を小刻みに発生させたり、火山を噴火させたりと、規模を分散させたり、別のエネルギーに変換させることがあります。


 /例2:天皇家の守護

 詳しく記載することはできませんが、日本の天皇家は特別な力を持っており、神社ネットワークの役割の一つとしてその力の守護があります。天皇家が崩壊してしまう危機に瀕した時に神社の主語が強く働きます。

・祀られている神々の役割


 神社では多種多様な神々が祀られています。土や風、海などの自然の神から人間の肉体に関する神や、動物の神々まで幅広く神として祀ることが神社としての役割を確立する上でとても重要なこととなります。それぞれの神を祀ることで、神社はそれらが持つ知識を利用します。また、神社ネットワークを利用することによってそれらの知識を日本中に共有しています。神社ネットワークの力が強いのはそのためです。

神社や、それを共有するネットワークなどファンタジーの世界のことのような印象を受けますが、実際に日本は神社によって強く護られています。

あくまで参考としてこのブログ記事を読んでいただき、神社にお参りする際には心の片隅に少しでも置いていただけると幸いです。

Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。

Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

17回の閲覧