異世界A、惑星A - 別次元の人類

・当記事のご案内

 当記事は以前までの記事を元に、読者の方に考察していただくための記事です。

 Lapis Lazuli ホームページブログを初めてご覧になる方は、以前までの記事をご覧になってから当記事のご閲覧をお願いいたします。

 

・異世界Aの惑星A


 この世界ではない別の周波数で世界が構成される別の世界(以下:異世界A)では人類が住む惑星(以下:惑星A)があります。その星には、この世界の地球の人類と魂を共有する人類も住んでいます。しかし、惑星Aは地球とは似ても似つかない物理の法則や人々の常識が存在しています。

・物理法則


 惑星Aにおいて物理法則が存在するかどうかはさておき、異世界の解説をするにあたってこの世界の言葉を用いる他方法がないため、物理法則という言葉で表現いたします。

 惑星Aが存在する異世界Aには、こちらの世界の元素とは全く異なった種類の元素が存在します。こちらの世界では水(H2O)を構成するために3つの元素を必要としますが、異世界Aでは4つの元素によって水が構成されています。また、元素を構成する素材として、この世界では陽子・中性子・電子がありますが、異世界Aでは陽子・中性子・電子に加えてもう1つの素材があります。これは、こちらの世界の量子の仕組みと、異世界Aでの量子の仕組みが異なるため、このような違いが発生します。

 異世界Aとこちらの世界の物理法則の違いを説明していくと無限大になってしまうので以上を一例として紹介させていただきました。

・スピリチュアリティ


 異世界Aの惑星Aの人類にはスピリチュアリティが常識として、生来の本能的能力として備わっています。惑星Aでは、その物理法則の違いから、意識を用いて空を飛ぶことも可能となり、こちらの世界のコミックやアニメ、SF作品に出てくる、まるで魔法のような世界となっています。ドラえもんの魔界大冒険やハリーポッターの世界なんかを想像していただくと解りやすいかと思います。ただ、そういった作品も、こちらの世界の常識を持った人類によって作成されているため、完全にあちらの世界を描写することは不可能となっています。

・異世界に対する認識


 異世界A、惑星Aの人類は異世界の存在を認識しています。実は、異世界の存在を認識できていない惑星は少なく、この世界の人類でさえ、科学を用いて理論上の異世界の存在を認識しています。また、異世界の生命体は時に別の世界に影響を与えようとすることがあります。その影響とは、時に戦争を仕掛けてきたり、友好的なコミュニケーションを取ったりと様々です。幸いなことに、異世界Aの惑星Aはこちらの世界に興味を示していないため、惑星Aに侵略されることはないでしょう。

この記事をご覧になって何かお気づきの点や感想がございましたら、コメント欄にてお知らせください


Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。


Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。

https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing


32回の閲覧