プラーナ - 全ての源

最終更新: 2019年9月15日

・プラーナとは


 プラーナとは、以前の記事(瞑想 - 基本編 , 瞑想 - 準中級編)でも軽く触れた通り、全ての生命体の活動のための源です。プラーナは空間全体に無限に存在しているエネルギーであり、全ての生命体はそれぞれプラーナを吸収して活動エネルギーに変換する部分を有しています。


・人間のプラーナ変換器


 人類のプラーナ変換器は、身体のおへそから、右腎側に3〜4cmほどの体内にあり、多くの文書では『ハラポイント』と呼ばれています。瞑想 - 基本編 で紹介した「ハラ瞑想」では、そのハラポイントに意識を向けることでプラーナの吸収量を増加させ、変換速度を向上させることで身体の生命エネルギーを高めます。


・あなたはプラーナを見ることができますか?


 瞑想 - 基本編 で紹介している「ハラ瞑想」をある程度極めると、プラーナの姿を見ることができるようになります。生まれ持ってスピリチュアルな能力をある程度持っている人ならば、ハラ瞑想をすることなくプラーナの姿を捉えることができます。

 プラーナは、白や黄色がかった壁などを見つめたり、青空を見上げたり、夕日を眺めると見やすいです。プラーナの形は、人間の精子のような形をしており、大群で空間を埋め尽くしています。

 著作権の関係でこの記事の中にプラーナのイメージ写真を掲載することはできませんが、検索エンジンの画像検索などで「プラーナ」と検索することで簡単に確認できるようになります。


・プラーナが見えるかどうかは、魂の成長度合いの指標


 プラーナを見ることができるかどうかは、人類の魂の成長度合いを見極める一つの指標となります。自身が吸収するプラーナに瞑想を通して触れることで、プラーナ自体を確認できるようになります。

 私が行っているスピリチュアル講座(下記URL参照)にて透視能力や占いの予知能力の習得講座でも、まずは瞑想の指導を行い、最低でもプラーナが見える段階まで魂を向上させていただきます。

 前述の通り、プラーナはあらゆる生命体活動する源であり、尚且つ透視能力や予知能力を使用する際に大量に消費します。そのため、スピリチュアル講座を受講される方の絶対条件としてプラーナを確認することを必要としております。


〜以下は Lapis Lazuli Spiritual Healing の広告となります〜


Lapis Lazuli 認定講座

 Lapis Lazuli スピリチュアル認定講座では、瞑想の成熟度・チャクラレベルの成長度・Lapis Lazuli 講座の達成度によって認定段階を定めております。

 認定講座内で講義する内容にはLapis Lazuli オリジナルの『占い』や『リーディング・ヒーリング』などが含まれており、お申し込み者様に応じて講座内容をカスタマイズいたします。

  Lapis Lazuli 認定講座 - https://www.spirit-lapis-lazuli.com/lapis-lazuli


Lapis Lazuli Spiritual Healing のブログの更新通知をご希望の場合は、ページ上部の [新規登録] ボタンより無料会員登録をお願いいたします。


Lapis Lazuli Spiritual Healing ホームページにて『紹介キャンペーン』を実施中です。

https://www.spirit-lapis-lazuli.com/introducing

20回の閲覧